若返り対策ガイド TOP → アンチエイジング 老化

老化

老化とは加齢によるデメリットを表す言葉で、年を取ることによって起こる、負の現象がすなわち老化です。シミやしわ、動脈硬化などが老化の典型で、これらの現象が起こることをなるべく遅らせようというのが、抗老化です。

老化の主な原因として考えられているものに活性酵素があります。活性酵素は酸素の一部が体内で変化するとできるもので、体内の細胞をサビさせてしまうものです。そのため活性酵素が原因で老化すると考えられていて、このことによって新陳代謝の低下や細胞や血管の異常が見られるようになります。

活性酸素は、本来体内に侵入してきたウイルスや細菌を殺すことで身体を守ってくれるもので、体内の酵素反応の促進や、細胞間の情報伝達の役割を担っています。そのため、体内には必要不可欠なものなのですが、体内で過剰に発生してしまうと細胞を傷つけて、身体をサビさせてしまい、がんや動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞といった生活習慣病、シミやシワなどの肌老化、冷え性などからくる体調不良を引き起こしてしまいます。

活性酵素は喫煙や紫外線、加齢、激しい運動、ストレスによって発生します。活性酵素の酸素同志が結合するときに、電子が欠けてしまい不安定な状態になると、周囲から電子を奪い取ってどんどん増えていきます。

このことから抗老化のためには、活性酸素を無害なものへ変えてしまうことや細胞膜の強化によって活性酸素に対抗するなどの抗酸化が重要になります。

アンチエイジング


http://www.pethoteltokyo.com/
ペットホテルを東京で

ナースシューズ
ナースシューズならユニフォームのオンラインショップ e-UNIFORMで!