若返り対策ガイド TOP → アンチエイジング 加齢

加齢

「加齢」とは年を重ねる事、即ち年々1歳1歳年をとるという事実を指し、これに逆らうことは出来ません。また日本語の加齢は悪い意味でなく、年を経ることのプラス面を表すものとされます。

もともと加齢は生物が成長や分化や形態の形成後に必ず遭遇する時間経過による衰退の過程と考えられ、病気とは異なるものと定義されてきました。人は年を経ると共に年齢を重ねていくものですが、最近の研究結果によると、加齢はホルモン分泌量の低下や細胞の酸化や肥満からくるものであることが分かってきました。

そしてこのような加齢の原因に対する積極的な対策を行うことで、加齢の経過的現象に抵抗して身体を最良の状態を保つことができるのです。抗加齢のための対策としてホルモン補充療法を行ったり、肥満防止のための対策を行いますが、中でも細胞の酸化を防ぐ抗酸化はとても重要です。

人間の体内にはもともとSODという酵素やコエンザイムQ10といった抗酸化物質が存在し、活性酸素の攻撃から身体を守ってくれています。しか抗酸化物質であるコエンザイムQ10は20歳をピークとして体内の生産量が減るようになってしまいます。

人は有機野菜などから抗酸化物質を摂取することができますが、環境汚染によって農作物から摂れる栄養素が減ってきており、また現代のストレス社会によって抗酸化物質の体内生産量も減ってきているのが現状です。抗酸化のためには、何よりも活性酵素を発生させないことが大切です。

アンチエイジング


アミティーザ
アミティーザなら医療関係者向け情報サイトで

イモバックス 副作用
イモバックスの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!