若返り対策ガイド TOP → アンチエイジング 睡眠

睡眠

人に必要な睡眠量には個体差があり、7 - 8時間の場合が多い。統計的には7時間以上、8時間未満の場合に平均余命が最も長くなります。睡眠が不足した場合に最も影響のある精神活動は気分、記憶力、集中力といわれています。このように睡眠とアンチエイジングは深い関係にあります。

睡眠不足は肥満を招いてしまいます。平均睡眠時間が4時間以下の人は、肥満になる確率が睡眠時間7時間以上の人よりも高くなるという研究結果があります。また睡眠時間が短いと普段よりも多く食事を摂る傾向にあり、甘いものや炭水化物などの太りやすい食品を好むという報告もあります。このように睡眠不足からホルモンバランスが崩れてしまうことによって、必要以上の空腹感や食欲を感じるようになり肥満へとつながっていきます。

また睡眠不足はニキビや吹出物などの肌トラブルと招き、目の下にクマとなって現れてしまいます。これは睡眠不足によって肌のターンオーバーが乱れてしまうことによるものです。このようにターンオーバーの乱れが生じると古い角質が残ってしまい、肌の表面が固くざらざらしてニキビやシワやくすみを引き起こします。

肌の代謝は睡眠中に行われています。眠りについて約3時間をノンレム睡眠といい、この時間帯に特に肌代謝が活発になるといわれています。ノンレム睡眠は夢を見ない深い眠りのことで、この睡眠中に肌代謝を活発にさせる成長ホルモンが多く分泌されています。成長ホルモンは20歳をピークに徐々に分泌量が減少してしまいますが、いつまでも若々しさをキープするためには、できるだけ成長ホルモンを分泌させる深い眠りにつくことが大切です。

アンチエイジング


タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!