若返り対策ガイド TOP → 顔の若返り コラーゲン

コラーゲン

コラーゲンは、真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質の主成分です。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多いのです。

コラーゲンは身体の皮膚組織などに多く含まれるもので、真皮の7割を占めています。コラーゲンはゴムのような弾力性の繊維で、不足するとシワやタルミを引き起こして肌のツヤがなくなり、くすんだ状態になってしまいます。

真皮層のコラーゲンは紫外線の影響や加齢によって劣化してしまい、弾力を失っていきます。40歳を過ぎると新しいコラーゲンはほとんど生成されなくなってしまい、減少の一途をたどります。これが原因となってシワやタルミを引き起こすようになるのです。いつまでも美しい肌を保つためにはコラーゲンは欠かせないものです。

加齢とともに体内でのコラーゲン生成が減少して不足した場合は経口的にコラーゲンを摂取することが大切です。コラーゲン配合の化粧品も多くありますが、コラーゲンは分子量が大きいので、外側から真皮にまで浸透させることはなかなか難しいものです。そのため不足したコラーゲンを補給するためには、食事やサプリメントなどで経口的に摂取することをおすすめします。

サプリメントのコラーゲンの中には分子量が大きいため、体内に吸収されにくいものもあります。サプリメントでコラーゲンを選ぶ際には必ず低分子と表記されているものを購入するようにしましょう。