若返り対策ガイド TOP → 顔の若返り 紫外線

紫外線

紫外線はマイナス面だけが強調されていますが、紫外線の有用な作用として殺菌消毒、ビタミンDの合成、生体に対しての血行や新陳代謝の促進、あるいは皮膚抵抗力の昂進(こうしん)などがあります。

紫外線には細菌やカビなどを殺菌する効果があります。紫外線は、DNAを壊してしまう特徴があるので殺菌には非常に効果的です。この紫外線による殺菌効果はいろいろな衛生管理や医療などの分野で利用されています。また気付かない間に私たちは紫外線の殺菌効果を利用しています。日常的に利用しているものの例として布団の殺菌があります。天気のいい日に布団を干すことで、布団の中にいる雑菌を取り除くことができます。干した後の布団はフワフワで気持がいいという感触だけでなく、衛生面でもとても効果的なのです。

また紫外線がもたらしてくれるメリットに体内でのビタミンDの生成があります。ビタミンDは人体の免疫力を高めてくれる働きを持っています。そのため病気しにくい健康的な身体になることができます。ビタミンは食事から摂取することも可能ですが、適度な日光浴と組み合わせることでその効果は抜群になります。ビタミンDを生成させるには、短時間の日光にあたるだけで十分です。また全身に浴びる必要はなく、部分的な日光浴でビタミンDの生成が可能です。

この他にも紫外線にはさまざまなメリットがあり、いろいろなものに活用されています。しかしアンチエイジングを前提とするのであれば紫外線の浴びすぎには注意をしたいものです。できるだけ紫外線対策を心がけていつまでもシワやタルミのない若々しい肌を保っていきましょう。

顔の若返り


イモバックス 添付文書
イモバックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!