若返り対策ガイド TOP → 顔の若返り ターンオーバー

ターンオーバー

人間の表皮は約28日間で新陳代謝を繰り返しています。この新陳代謝とは、細胞が生まれ変わることで、人間の身体は皮膚だけでなく内臓や骨、髪や爪に至るまですべての細胞が常に新しい細胞に生まれ変わっています。このようにして身体全体の機能が保たれているのです。

特に肌の細胞の入れ替わりのことをターンオーバーといい、トラブルのない正常な肌では細胞が新しく生まれ変わるまでの期間は約4週間ほどです。このターンオーバーの周期が加齢によって広がることで、肌の老化現象が引き起こされます。

この肌のターンオーバーは主に睡眠中に行われています。ただ眠れば細胞が再生されるわけではなくて、睡眠をとる時間帯や睡眠の質が関係しています。最も効率よく肌が再生される時間帯は、夜の10時から午前2時までの間であり、この時間帯に若返りホルモンと呼ばれる成長ホルモンのが最も盛んに分泌されています。そのためこの時間帯には深い眠りについていることが重要なのです。他の時間帯に良い睡眠をとってもあまり肌の再生が期待できないようです。

そして加齢をはじめさまざまな原因によって通常約4習慣の肌のターンオーバーは周期がどんどん広がってしまいます。ターンオーバーが遅れる主な原因には紫外線やストレス、角質肥厚、睡眠などの生活習慣の乱れなどがあります。ターンオーバーが遅くなると肌にはさまざまな影響が現れてしまいます。

メラニンが排出されないで残ってしまうとシミの原因となり、角質肥厚はくすみの原因となります。また古い細胞が皮膚に残ったままだと水分保持機能の低下によって肌の乾燥やキメの乱れ、ハリの低下が見られるようになります。

顔の若返り


コンプラビン 添付文書
コンプラビンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!