若返り対策ガイド TOP → アンチエイジング医療 アンチエイジングドック

アンチエイジングドック

100歳過ぎても元気に若々しく過ごしている人がいる一方で、60代、70代で介護が必要な状況の人がいます。老化のしかたや、老化へと向かう速度は、人によって異なるからなのです。老化の兆候や老化へと向かう危険因子をいち早く見つけるための検査を「アンチエイジングドック」といいます

高齢でも痴呆や癌などの病気が見られず健康的に暮らしている人々を調べてみると、血管や筋肉、骨などの各部分がバランス良く老化していて身体の弱点となるものがほとんど見られないことが分かりました。そのため身体全体がバランス良く老化していくことがアンチエイジングにとって大切なことです。

アンチエイジングドックで検査されるのはいまの身体の状態、主に血管や骨量や筋肉力、ホルモン量などで、その結果によってその人の老化を進めてしまう弱点部分が特定されます。その弱点を改善することからアンチエイジングすることを目的としています。アンチエイジングドックを行うと現在の老化度を調べると共に、この先老化を促進させてしまう老化危険因子を調べることができ、老化から起こる疾患や体調不良を予防することができます。

アンチエイジングドックの検査は医療機関の設備や医師の考え方によって、検査内容や検査機器が異なる場合があります。代表的なものとしては、血管の硬さや詰まり具合によって動脈硬化度を調べる血管年齢検査、骨密度の測定による骨年齢検査、体重や体脂肪率、左右の筋肉バランスなどを調べる筋肉・体脂肪量検査、体が受けているストレスを調べる酸化ストレス度・抗酸化力測定、ホルモン濃度測定、体内に溜まっている有害重金属検査などがあります。