若返り対策ガイド TOP → アンチエイジング医療 ホルモン補充療法

ホルモン補充療法

ホルモンとは特定の組織や器官から分泌されるもので、体液と共に体内をめぐって特定の組織の機能に一定の変化を与えるものです。最近ではホルモンの分泌量の低下が老化の原因として注目を浴びるようになり、アンチエイジングのためにホルモン補充療法が行われています。

ホルモン補充療法によって加齢と共に減少してしまったホルモンを補うことで、ホルモン不足から現われる諸症状を軽減します。ホルモン補充療法ではホルモン検査を行った後に、不足がちなホルモンを注射やクリーム散布による経皮吸収やスプレー、経口などによって補います。

・女性ホルモン
女性ホルモンは卵巣で作られ、その働きは40歳ぐらいから衰え始めて閉経後は止まってしまいます。この結果、更年期障害をはじめ、心身両面で健康に影響してきます。女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンを補充すると、更年期障害の症状の軽減だけでなく高脂血症や骨粗しょう症も改善されます。

・男性ホルモン
男性ホルモンであるテストステロンは、40代から少しずつ減少し、性欲の減退やのぼせ、ほてりなどの症状やうつ状態が見られるようになり、これを男性の更年期障害といいます。ホルモン補充療法でうつ状態が改善される方がいます。

この他にも成長ホルモンや甲状腺ホルモンなどを補充する方法があります。しかし、ホルモン補充療法には癌が発症するリスクが多少上がるという副作用があるため、ホルモン補充を行っている間は定期的に医師によるホルモンレベルチェックや腫瘍マーカーのチェックをしてもらう必要があります。

アンチエイジング医療


貸会議室・貸し会議室・大阪・大阪市
こちらで

省エネ 山形
こちらで

アンカロン 添付文書
アンカロンの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!