若返り対策ガイド TOP → 身体の若返り 体脂肪

体脂肪

体脂肪は体内にある脂肪のこと。主に、皮膚の下にたまる「皮下脂肪」と、内臓の周りにたまる「内臓脂肪」があります。体脂肪率とは体重に占める体脂肪量の割合です。

・皮下脂肪
皮膚の下の皮下組織につく脂肪のことです。皮下脂肪は体を外の温度から守ったり、様々な衝撃を吸収したり、生命を維持するために必要なエネルギー源になるなどの働きを持っています。皮下脂肪は女性につきやすく、備蓄エネルギーのため燃焼しにくいという欠点があり、一度たまってしまうと落ちにくいのが特徴です。皮下脂肪型肥満は生活週間病の原因になりにくいものですが、外見的な問題や骨格や関節に負担となるなどの問題があります。また、皮下脂肪が蓄積されたまま代謝されないとセルライトが出来てしまいますので注意が必要です。

・内臓脂肪
内臓の周りについている脂肪のことで、皮下脂肪よりも悪性のものです。蓄積しすぎると「内臓脂肪症候群」と呼ばれる状態になり、やがて動脈硬化による脳卒中や心筋梗塞に発展する可能性があるとも言われています。内臓脂肪は代謝が活発なため、つきやすく、落ちやすいものです。そのため遊離脂肪酸として血液中に溶け出しやすく、余分な脂肪が血液中に流れ出してしまう特徴があり、こうして血液中に脂肪があふれてしまうと高脂血症となり、高血圧症、糖尿病、動脈硬化などを引き起こしてしまいます。

・体脂肪率
体重に占める脂肪の割合のことで、体内の脂肪状態を数値で表します。加齢とともに基礎代謝が落ちて脂肪がつきやすくなるので、体脂肪率が高くなる傾向があるためアンチエイジングにはダイエットも大切です。

身体の若返り


http://www.biz-meeting.jp/
http://www.biz-meeting.jp/

ディレグラ 副作用
ディレグラの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ピアノ販売を札幌
http://www.piano-inoue.com/