若返り対策ガイド TOP → 身体の若返り 腰痛

腰痛

筋力の低下により腹筋、背筋が本来支えるべき腰骨を支える力がなくなった場合、腰痛が起こりやすくなります。また同じ姿勢を長時間続けることも腰痛の原因となります。

腰は重い上半身を支えて体を垂直に保つ役割があり、体の中でも大きな負担がかかる部分です。年齢とともに背筋や腹筋が弱くなってしまうと腰への負担が大きくなり腰痛の原因となってしまいます。また日常生活で重い物を持ち上げることが多い場合や、長時間立ちっぱなしの状態が続くと腰に負担がかかり腰痛が起こりやすくなります。

腰痛の中でもぎっくり腰は大きな要因や負担がなくても起こることがあります。日常生活でほんの少し中腰になったり、くしゃみをしただけでぎっくり腰を引き起こすことがあります。妊婦さんや肥満の方では、体重が重くなる他に重心が前方へ移ることから体が自然と反るようになり腰にかかる負担が大きくなり、腰痛になることが多いようです。

人は老化によって骨がもろくなってしまい、椎間板の弾力性を失ってしまいます。そうすると椎間板がどんどんすり減っていって腰椎が弱ってしまい、ちょっとムリがかかっただけで腰痛が出てしまうようになります。椎間板の水分が減少して弾力性を失うと、つぶれたような状態になって神経が圧迫されて痛みを生じるのです。

腰痛を治すのには手術が必要な場合がありますが、横になって休むと症状はたいてい楽になっていきます。筋力を鍛えて腰にかかる負担を減らすことでアンチエイジングに取り組んでいきましょう。

身体の若返り


プラビックス 添付文書
プラビックスの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!