若返り対策ガイド TOP → 整形美容 プラセンタ

プラセンタ

プラセンタは元々更年期障害、肝臓の疾患の治療に使われていたものですが、その後の研究の結果、老化が始まった体質を改善して、皮膚の弾力を担っている真皮層のコラーゲン、エラスチンの産生を促して、しわやたるみを改善する事がわかってきました。そのため最近では皮膚科や美容外科などでプラセンタの需要が高くなってきています。

プラセンタは胎盤から抽出されるもので、1つの受精卵から胎児にまで成長させる大きなパワーを持っています。胎盤は約5000種類もの酵素や生理活性物質を蓄えているので、プラセンタにはビタミンやミネラル、アミノ酸や核酸といった成分が豊富に含まれています。

プラセンタは、その昔クレオパトラやマリーアントワネットが若さと美しさを保つために愛用していたと言われるほど素晴らしいもので昔から利用されていました。プラセンタを使ったアンチエイジングでは皮下注射や点滴によってプラセンタを注入します。点滴する場合は、皮下注射する場合に比べて時間が長くかかってしまいますが、即効性があります。

プラセンタの注入にかかる時間は、注射で数分、点滴では1時間程度なので、忙しいかたでも気軽に利用する事ができます。個人差がありますがプラセンタの注入は、注入開始時1〜2ヶ月間は週に2回くらいを集中的に行い、その後は2週間に1回程度を目安にするとよいでしょう。

生活サイクルによってプラセンタによるアンチエイジング法を上手に取り入れていつまでも若々しさと美しさを保っていきたいものです。